運転する女性

車の維持費の中でも、自動車保険料はかなりの割合を占めています。
また、残念なことに、無事故で等級が上がったとしても、それ以上に保険料が上がってしまっているという現実もあります。
この理由としては、高齢者の事故が多発しており、さらに被害が大きなものが多いということが挙げられます。
高齢者ドライバーは、約3割も費用が上がってしまっているのです。
さて、これらの費用を抑えるためには、まず補償内容を見直しすることが必要となってきます。
ただ闇雲に削ってしまうのではなく、何が必要で何が不要かをしっかり見極めることが必要になってきます。
不要なものの一例としましては、車両保険が挙げられます。
上級タイプ、一般タイプ、エコノミータイプの3つが現在の主流です。
年数が経過していたり、車両価値が高くない車であれば、エコノミーを選択することが費用を抑えることが出来ます。
ただし、車対車の事故に補償の範囲が限定されてしまうということには注意が必要です。

保険料をより安く

より安くするためには、補償内容の見直し以外に、ネットを活用するということも挙げられます。
代理店より、ネットでの加入の方が安く済ませられる場合があるのです。
代理店の方が、大体ネットより1.5から2倍ほど高いです。
ただ、こちらも注意点があります。
ネットでの場合は、事務手続きを自分で行う必要が出てきます。
代理店の場合は、駆けつけてくれるため、手続きや交渉事も全て行ってくれるというメリットも存在します。
一括見積サイトを利用して、様々な会社を比較してみるというのも有効です。
大量のメールやDMが来ますので、自分に合った内容のものをピックアップしていきましょう。

注目の記事

    クレイアート みんなでお弁当

    どこを見直すか

    自動車保険は、車を購入したときに加入した内容がそのままという方も多いかた思います。実は、加入したそのままという...

    Readmore
    緑の多い道

    保険料を安くする

    自動車保険は、見直しをすることによって毎月支払っている料金の節約につながります。まずは、運転する方の条件があり...

    Readmore
    オイルゲージを見る

    ネットで見直し

    数多くの保険の中から最適な商品を見つけるのは簡単なことではないので、情報収集や専門家のアドバイスなどが大切にな...

    Readmore

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

オススメリンク